中国輸入だけでなく、物販で大事なことは、仕入れです。

売れる商品を仕入れるかも大事ですが、その仕入れにかかる値段はとても重要です。

ロット数にもよりますが、例え、1品であっても仕入れた値段に対して、その値段よりも高い値段で売らなければ何のために販売をしているのかわかりません。

 

しかし、今は、ネット環境があるので、リサーチに関しては、無料のツールがあります。

  • Amazonで、どれだけ売れているのか?
  • Yahooオークションで、どれだけ落札されているのか?
  • Mercariで、どれだけ売れているのか?

 

上記が販路であるとすると、勿論、いずれかの販売先で、同じ物がどれだけ売れているかも調べると参考にすることもできます。

ここでは、Amazonでリサーチするのに手助けになるツールをご紹介します。

モノレート(Amazon)

http://mnrate.com

見方の説明

商品が売れたときにランキングがアップしますので、グラフ上でギザギザになります。本ツールで、価格変動と売れ行きがわかりますので、もし同じものの仕入れ値が分かれば、この商品を仕入れて販売してみるのも一つの手段になります。

このように売れている商品できちんと利益を出せているということを元にして、同類の商品を取り扱ったり、OEM化などをしてもよいとおもいます。

相乗りの人数もわかりますので、そのあたりも同時に調べて、ライバルが多くないところで出品をすることがよいでしょう。

この部分をしっかりとさえ行えば、商品を販売をして利益を残していくことは可能になります。

 

 

せどりアナライザー(Amazon)

せどりアナライザーという買い切り型のツールも販売されています。

こちらのツールでは、セラーの扱っている製品のASINの一覧を集めてきてくれます。定期的に情報収集をしておき、在庫の変化をみてどれだけ売れているのかをチェックしたりできます。

 

なかなかの使い勝手ですので使ってみてください。こちらのリンク先で購入ができます。

せどりアナライザー

 

 

 

 

 

 

 

セラーの販売しているASINを一気に検索してきます。リサーチに効果絶大です。

値段は、16800円です。買いきりなので一度購入をしたら以後購入は不要ですのでかなりコストパフォーマンスのよいツールといえます。

例えば、中国人セラーを探して、そのセラーの扱っている商品のASINを一括で取得するなどができます。

 

あまろぐ

 こちらも、私の好きなツールです。リサーチ用のツールとして、Webサイトに商品を登録しておくことと定期的にFBA在庫の状況で自動的に取得してくれるので、毎日、いちいち起動をしなくても、結果のみ閲覧データ取得できていますので大丈夫です。

もしご興味がありましたら、以下のサイトからご利用してみてください↓

◆あまログ:ホームページ
http://amalogs.com/

◆あまログ:マニュアル(使い方)
http://amalogs.com/auth/manual

 

在庫チェッカー

http://zaikochecker.jp/

 

 

ASINゲッター(日本のAmazonから収集)

http://asingetter.jp/ 

このツールを使えば、日本のAmazonからASIN収集ができます。販売時期は不定期。年に数回販売されますのでメールマガジンを取って販売するタイミングを待ちましょう。

  • セラーIDからASINを取得
  • Amazon.co.jp のセラーが対象

Amazonから収集したASINの使い道

ASINをAmazonの商品の共通コードです。多くのツールはASINの一括インポートにも対応しています。 収集したASINはデータは様々な用途での利用が考えれます。

  • リサーチツールにインポート(読み込む)
  • 在庫管理ツールにインポート(読み込む)
  • 在庫追跡ツールにインポート(読み込む)
  • AmazonSEOツールにインポート(読み込む)
  • データ取得ツールにインポート