画像を切り抜く

商品のトップ画像は、背景を白にする必要があります。

商品の画像の切り抜きをするツールがあります。

こちらのサイトで切り抜きができます。

Background Burner

https://burner.bonanza.com/

 

画像に文字を入れる

画面にウォーターマーク(背景の文字)を入れる。画像をそのままのせて、誰かが同じ商品を販売するときに折角作った画像を盗まれてしまうことがあります。そういったことを、透かし画像にすることで防止できます。

Image Watermark Studio

https://image-watermark-studio.soft112.com/

 

画像を合成する

1枚の画像に、できるだけたくさんの情報を盛り込む必要があります。

複数の画像を合成を、自動的に行う機能が下記のソフトウェアが可能です。

Photoscape

 インターフェースがユニークでとても使いやすい画像ソフトです。

http://www.photoscape.org/ps/main/index.php

 

Photocombine

 2分割、3分割など画像の結合ができます。結合に関しては、複数の画像にロゴなどをまとめて入れるなど合理的なツールです。

http://photocombine.net/

 

外注にカタログ依頼をするという手もあります。こちらが参考になるでしょう。北海道の会社さんです。

 

バーチャルイン

 

画像のフォーマットの変換

Convertio

https://convertio.co/ja/jpg-ai/

画像の加工をした後に、ファイルを保存する形式は、使うソフトウェアによって、セーブできるフォーマットが異なります。とりわけ、プロのデザイナーなどに修正を依頼するときや、ロゴなどを業者に渡して、ワッペンやスタンプの金型をつくる場合には、有料のAdobeのイラストレータ等の画像処理ソフトウェアのフォーマットに変換をしたりする必要がある場合があります。その際に、こちらのサイトで、JPGやBMP形式のファイルであっても変換ができます。