相乗り出品をしているとセラーから、これは商標登録済だから取り下げてください等と言われることがあります。要するに、その商品自体は同じであるようにみえていても、相手出品者が、そのような権益を主張して排除してくるということは、その商品にロゴなどを入れて実際に、オリジナル化している可能性があります。

 

 相乗りの商品を探すときには、時には、セラーの方が、カタログに商標の記載について言及おらず、画面にないのに、実際ふたを開けてみると商標登録をされたロゴ入り商品だったなどという場合には大変です。

 

 せっかく仕入れた商品を取り下げないといけません。それを、また、べつの販路で売らないといけなくなってしまいます。ですから、あらかじめ、リサーチの段階でそのような商品には予め相乗りをしない方が良いといえます。

 商品リサーチはしっかりやる必要があるのですが、ロゴなどの登録があるかは、

 こちらで確認ができます。

 

特許情報プラットフォーム 

https://www.j-platpat.inpit.go.jp

検索をして、出てこない場合は、商標登録がありません。出てきた場合には、出品すると問題になって後が大変です。相手が本気になれば、損害賠償の責任が逃れられない危険までありますですので、ここまでやった方がいいと思います。