最近、「中国輸入」でもこちらのようなクラウドファンディングを活用をして、資金調達をして新製品を開発をしている人たちもいると耳にします。

 たとえば、こちらですが半端はでない金額です。3千万円の資金がすでに調達できており、目標は10億円です。

 

実は、こちら、週刊誌にも取り上げられるほどの広告露出があるので、破格の調達ですが、10万円程度の調達で行われているものもあります。

 

 夢があります。

 

 また、夢を応援している人たち(パトロン)がいます。

 

 通常個人で難しい資金調達もこちらでは、達成できれば製品の製作に使うことができます。

 予め、予約販売のような形で、新商品をOEMをする形でプレゼンテーションをしてクラウドにアピールして調達をする方法です。

 中国輸入で販売を個人でということになると、最初は、売れるかどうかわからないので、小ロットから開始をして、徐々に売れ始めて初めて大きな資金を動かしていくという流れでしょうが、(もちろん、広告費をかけ露出を最初から大きくかけて、最初からドカーンという方法もありますけど)

 

 大きなスケールでの実績をつくることができるというのが最大のメリットであるといえます。市場は、実績者が成功体験をもとに、繰り返し展開している戦いの場でしょうから、こちらであらかじめ、パトロンとの商品提供契約をしておくのは、既に、売れているという前提があるので何より安心です。

 

 

 個人の方たちが、物販だけでなく何かをしたいという熱い思いを持った人たちの格好のチャンスの場です。国の補助金などを事業をするときに活用するなどの手もありますが、こんなに具体的な行動で支援を求めることができるのはとてもすごいと思います。

 結局成立しない場合には、プロジェクトも実行できずに失敗ということですが、ビジネスに100%というものはありません。会社を起業したくても、資金を調達することもできなければ難しいでしょう。なにより、具体的なビジョンがあればチャレンジをしてみることは誰でもできるので、幾つかサイトがありたのでご紹介しておきます。

キャンプファイヤー https://camp-fire.jp/

 

マクアケ https://www.makuake.com/

モーションギャラリー https://motion-gallery.net/discover

 

Readyfor https://readyfor.jp/